ペット火葬の基礎知識!プランの種類・費用相場・業者の選び方などを解説!

このサイトでは、ペット火葬の基礎知識についてご紹介しており、その中でも火葬のプランの種類や費用相場、そして業者の選び方のポイントなどについて分かりやすく解説していきます。
また、ペットのお葬式をしてあげたいけれども、どのくらいの費用がかかるのだろうかなどの疑問解決も可能です。
業者を選ぶときには絶対に失敗したくないでしょうし、後悔したくないわけですから業者の選び方の中でどのような点に注意をしなければならないのかなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

ペット火葬の基礎知識!プランの種類・費用相場・業者の選び方などを解説!

ペット火葬は、人間と同様に火葬を行って供養することを意味します。
ここで覚えておきたい基礎知識の一つに、ペット火葬には特定の施設で行う方法や移動式の車両で火葬する方法、そして自治体に依頼する3つの方法があり、それぞれの違いをしっかり把握することが大切です。
この中で施設での火葬は、ペット葬儀を専門にしている業者さんが火葬処理を行ってくれたり民営の火葬場の中でペットを対応可能にしている施設で行うやり方、他のペットと合同で行う方法と個別に火葬するやり方などがあります。

ペット火葬のプランは大きく3種類に分けられる

ペット火葬を請け負っている業者は特徴を持たせたプランを用意していますが、その内容を分類していくと大きく3種類に分けることができます。
まず、ペット火葬は「合同」と「個別」の2つに分けられます。
前者は複数の飼い主のペットを合同で火葬して、合葬用のお墓に埋葬する形式で、後者は他のペットとは一緒にせずに火葬・埋葬を行う形式です。
2つの形式のうち、個別火葬はさらに、必要な作業をすべて依頼したペット火葬業者のスタッフに任せる「一任」と、飼い主たちが出棺や骨上げ、埋葬に参加することができる「立会」に分けることができます。
選び方については、火葬だけを行いたいのであれば合同火葬を、遺骨の取り扱いを飼い主自身で決めたい場合は個別一任方式を、人間の葬儀とほとんど同じような形で亡くなったペットを送り出したいのであれば個別立会方式を選ぶのが基本です。
ただし、個別立会方式はその性質上、他のプランより費用が高く設定されていることが多いので注意しましょう。

移動式のペット火葬とは?どんなメリット・デメリットがある?

癒しを与えてくれたペットが亡くなったとき、後悔のないように見送るにはどうしたらよいでしょうか。
ペットを愛する飼い主の間で最近増えているのが、移動式のペット火葬です。
これは炉を取り付けた車が自宅まで出向いてくれて、迷惑にならない場所まで移動したあとペットを荼毘に付してくれるサービスです。
収骨は飼い主が車まで行って行うこともあれば、業者がお骨を自宅に届けてくれることもあります。
このサービスのメリットは、火葬場が遠かったり遺体を運ぶ手段がなかったりしてもペットを懇ろに弔ってあげることができる点です。
設備の整った業者なら、煙やにおいで近所に迷惑を掛けることもありません。
デメリットは移動式のペット火葬の場合、自治体への届け出がいらないことです。
炉のついた車さえ購入すれば誰でもできるので、中には悪質な業者も混じっています。
火葬には技術も必要です。
トラブルを防ぐには、通常の火葬と同様に事前に業者に相談して様子をみましょう。

ペット火葬後の遺骨の供養方法について

ペットは人間に対して孤独感を緩和してくれたり、一緒に生活することで命の大切さを知らせてくれたりと多くのメリットがあります。
ただし、動物は基本的に人間よりも寿命が短いので、その最期を看取った飼い主は以後の対応が必要になってくるでしょう。
ペットが死亡した場合、個人が所有する土地があれば、法律の規定に従って土葬をすれば問題はありません。
土葬ができない場合はペット火葬を実施することになり、その遺骨の供養方法は飼い主の判断に委ねられることになります。
現在は遺骨にすると骨壺に入れて、それを自宅で安置するという割合が高くなっていますが、これはいつまでも愛するペットを近くで見ていたいという飼い主の愛情が根底にあります。
ペット火葬では終了すればそのまま持ち帰ってもいいのですが、専用の墓地に埋葬することも可能です。
その数は少ないのですがペット専用の霊園があり、人間と同じように丁重に法要した後で安置することになります。
ペットに強い愛情を持っていると死亡後にペットロスになって生活に影響を与えるケースもあるので、新たな生活に踏み出す意味から、ペット霊園を利用するという方法も選択肢に入れておいてください。

ペットが亡くなってからペット火葬が完了するまでの流れ

ペットが亡くなったときには、最初に手足を丸めるよう内側に折った姿勢にしてあげる、身体を清めてあげるなどの作業が大切です。
手足を丸めるように内側に折る、これは死後硬直が始まる前に行うべき作業で遺体を安置する棺に納めやすくするためにも必ず行ってあげましょう。
ちなみに、身体のサイズや季節により変わりけれども死後2時間程度で死後硬直が始まるので早めに行います。
ペット火葬までにはある程度の時間が必要になる、遺体の腐敗も進行することになるので保冷しながら安置することも大切です。
保冷を行うときにはドライアイスを使うこと、遺体のお腹と背中にタオルなどで包んだドライアイスを配置して安置するのがコツです。
ここまで準備ができたら葬儀およびペット火葬業者を選んで手続きを進める流れになりますが、ペットが犬のときには死亡届の手続きが必要です。
なお、死亡届はペット火葬の後でも構いませんが、原則死亡してから30日以内に市区町村の役所もしくは保健所に提出しなければなりません。

ペット火葬に関する情報サイト
ペット火葬の基礎知識

このサイトでは、ペット火葬の基礎知識についてご紹介しており、その中でも火葬のプランの種類や費用相場、そして業者の選び方のポイントなどについて分かりやすく解説していきます。また、ペットのお葬式をしてあげたいけれども、どのくらいの費用がかかるのだろうかなどの疑問解決も可能です。業者を選ぶときには絶対に失敗したくないでしょうし、後悔したくないわけですから業者の選び方の中でどのような点に注意をしなければならないのかなどにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search